最近では女性の社会進出も進んでおり、両親が共働きという家庭も多く存在しています。そうなってくると子供の学校終了後の見守りが気になるものとなってきます。小さい時ならそれは勿論保育所などで預かってもらう必要がありますが、小学生などの微妙な年齢で迷うこともあるでしょうが、そんなときに放課後の時間帯に子供の過ごす場所を提供してくれるサービスとして学童というものがあります。家で一人となると色々と不安を抱えますし子供も寂しい気持ちを抱えることにも繋がりますが、これらのサービスを活用すると楽しく過ごしてもらうことができます。学童ではただ遊んで過ごすだけではなく、宿題などの学習面も見てくれますし、保護者と相談した上で目標を設定してそれに沿った物を行ってくれることになります。お金も掛かってくる事になりますが、子供の事を想うのならこれらのサービスの活用も検討してみてください。

すべての子どもの未来のために充実させたい学童制度

学童保育は小学校に通っている子供を対象とした制度です。親の就労などの理由で、放課後や学期間休業中などに利用するもので、「放課後児童クラブ」の名前で呼ばれることもあります。学校の空き教室を利用したり学校内に専用の施設を設けて使ったりしているなど、過半数が小学校の中にあるためか文部省の仕事のように見えますが、実際は厚生労働省が管轄しています。わが国でのこの制度はなかなか確立されず、諸外国から遅れをとっていたのが現状ですが、ようやく2015年の4月から大きく変わる気配を見せてきました。対象年齢がおおむね10歳未満から小学生全般に拡大されること、市町村の行う「地域子ども・子育て支援事業」のひとつとして位置づけられること、国が定めた基準に基づき市町村が独自の規定を策定することの3つが今までと変わった点です。すべての子どもの未来を守るために、より充実を期待したい制度です。

学童を利用して親は安心して働く

学童を利用すれば親は安心して働く事ができます。昔のように母親が家にいる家庭は少なくなってきました。今は女性も働くようになってきているから子供が家に帰ってきてもいない場合があります。そんな時にさみしく感じるかもしれません。また親も心配になってしまいます。そんな不安な気持ちを持たせないためにも学童に通わせると安心できます。ここでは親が迎えに来るまで勉強をしたり、友達と遊んだりして過ごせるようになっています。そこで子供たちは友達がいっぱいいるから楽しく過ごせるし、親は面倒を見てもらえるから安心できます。月に4000円から8000円ほどのお金がかかりますが、安心できることを考えれば安いものかもしれません。だから学童に通わせることです。学校のすぐ近くにあるから子供たちもすぐに行けるようになっています。安心して利用できます。