最近、保育園に入れない子供たちが多くいるというニュースをよく目にします。少子化なのに、なんで保育園が不足しているのか不思議なのですが、きっと保育士の給料が実際の労働に適していないため、保育士が不足しているのが原因にもあるでしょう。そんな中、学童はとても子育てをしながら働くお父さんお母さんのとても役に立っています。学校が終わったあと、ひとりで家にいさせるのが不安だという親達の悩みを解消することが出来ます。そして、子供たちは仲のいい友達たちと放課後も遊ぶことが出来るため、とても嬉しいことではないのでしょうか。最近の子供たちは、外で遊ぶことが少なくなっていると聞きます。預けると、外で遊ぶことも増えると思うし、ゲームばかりする子供が減っていくのではないでしょうか。最近の子供たち特有の悩みを解消できる、いい場所になっているのではないでしょうか。そんな場所が今よりももっと増えると嬉しいです。

現代の家族に必要とされている学童

子供の育つ環境は大人が考えている以上に成長に影響します。学校が終わってからの親のいない時間をどのように過ごすかは、子供の心にも影響がないとは言えません。家で孤独を募らせている子供もいるかもしれませんし、友達に誘われて悪い道へ足を踏み入れてしまう子供もいるかもしれません。近頃は子供が巻き込まれる事件が多くなっています。放課後に子供の居場所を提供してくれる学童保育を有難く思う親は多いです。信頼できる場所に子供がいるという安心感は親にとってとても大きいです。宿題をしたり、同じ年頃の友達と遊んだり、本を読んだり工作をするなど色々な活動をしています。親は、学童にすべて任せ切りにするのではなく、家に子供と一緒に入る時などに学童でどのように過ごしたか子供に聞くなどコミュニケーションをとるように努力するべきです。

おすすめできる学童について

学童とは、子どもが学校が終わった後、少しだけ預かってくれる所です。親御さんが、お仕事があってお子様を帰宅させ、1人にさせるのが不安等言う時に先生方に預かって頂けるので、とても安心できます。他の学年や同学年のお子様がたくさん居るので、お子様が楽しく遊んで過ごせることと、他のお子様と仲良くなれる等、たくさんのメリットがあります。お子様にとって、家に帰って1人だと寂しい。と言うお子様もいるはずです。ですが、先生方や他のお子様がたくさん居て、お子様をしっかり見てくださるので、お子様も親御さんも不安になる事は無いです。お子様を学童に預けていれば安心なので、親御さんの仕事が少し長引く場合や、買い物などで出掛けてしまう時等、お子様を学童に通わせてあげるといった事がおすすめです。お子様にとっても他のお子様との触れ合いが新しい経験となるので、良いです。