子どもがいながら社会に出て働く女性が増えただけではなく、核家族の形の家庭が増えたことにより、現代はますます学童の必要性が高まってきています。小学生になると、放課後はたくさんの時間があります。低学年ほど、授業の終わりも早く、学校から帰宅する時間が早いです。核家族で祖父母がいなく共働きだと、子どもが帰宅してもさみしい時間を過ごさなくてはなりません。また、防犯上も安心できず不安です。ですから、「学童」と言う存在が必要になります。多くは学校に併設されている公立のものがあります。学校に近いならば、やはり安心感があります。また、同じような環境の友達もできます。もちろん、家庭の保護者に変わり、子どもたちの自立をサポートしてくれます。温かな家庭みたいな空間として、子どもたちが安心して放課後を過ごせる場所です。

最近の学童に求められること

現代ますます学童の必要性が高まっている理由は、共働きの家庭が増えたからです。また、核家族で身近に親以外に夕方一緒に時間を過ごすことができる大人がいないことが挙げられます。例えば、核家族で共働きだと、学校が終わり家に帰宅しても誰もいない家で過ごさなくてはなりません。低学年の小学生が家にひとりでは、どんなにしっかりした子でも防犯上不安がありです。「学童」があれば、放課後は誰が大人の目が届く形になります。もちろんただ居場所を提供してくれるだけでなく、最近の学童にはさまざまなスタイルがあります。学習塾みたいな機能や、スポーツ教室のような習い事に近い形が増えています。このスタイルだと、とても時間の使い方が効率的になります。わざわざ別枠で習い事に通わせる必要がなく、放課後に特別な学びの時間がとれるから魅力的です。

学童保育の種類について

学童保育とは、保護者が日中に面倒をみることができない小学生児童を、学校の放課後に預かる保育施設のことです。種類としては、まず自治体運営の施設と民間運営の施設に大きく分けることができます。さらに自治体運営の施設には、学校に施設が併設された従来型の学童クラブと、学校の空き教室などを利用した放課後子ども教室の2種類があります。「学童クラブ」は、親が働いている10歳未満(3年生まで)の児童が対象で、預かり時間は18時までという場合が多く見られます。そして「放課後子ども教室」は、公立小学校に通う全員が対象で、預かり時間は16時か、または17時までというのが一般的です。さらに「民間運営の施設」は、親の就労の有無や年齢が不問で、預かり時間が20時までという場合が多く見られます。ただし民間運営の施設は、自治体運営の施設に比べると料金が高くなります。