学童は、放課後の児童の健全な育成のために、無くてはならないサービスのひとつとして知られています。現在では、一般家庭における教育や保育を代替する機能が期待されることがあるため、優秀なスタッフの採用が急務となっています。また、様々な希望を持った児童に対応をするために、学童のイベントを楽しめるスペースを確保することが大きな課題として捉えられることがあります。学童の営業時間については、それぞれの地域の実状によって、大きな違いが見られますが、なるべく保護者の仕事の都合に応じて、柔軟に対応をすることがポイントとなっています。サービスの内容の良しあしについては、それぞれのスタッフの質の高さが影響することがありますが、まずは事業内容やカリキュラムなどが充実しているかどうかをチェックすることが大きなテーマとなっています。

学童で友達と過ごしながら成長する

学校を終えて家に帰っても、共働きの家庭であれば子供は留守番をする事になります。時間をもてあまし、何をすればよいのか、ただただテレビを見たり、ゲームをして過ごしていては心にも、体にもよくありません。それに、不審者のことを考えると、やはり一人で留守番させるのは望ましくなりません。学校や家の近くにある学童に預けるのも良い方法です。友達も通っている場合がほとんどなので、寂しいおもいをすることもありませんし、友達に刺激されて宿題を自分からしたり、好き嫌いなく食べたり、様々なことを学び成長することができます。充実した時間を過ごすことができます。学童には、専門の指導員の先生がいてくれるので安心ができます。いつでも子供たちを見守っていてくれます。親は安心して働くことができます。料金だけではなく、まずは見学をさせてもらい、親子で相談して決めるとよいです。

学童に頼らなければならない現実

近年、共働きの家庭は非常に多いです。産まれたばかりの頃から幼稚園くらいまでは、あまりお金がかからないかも知れませんが、小学校に入るとだんだんと出費が増えていきます。そこで母親も働きに出るとなれば、子どもが帰宅する時間に間に合わないこともあるでしょう。そうした場合、頼るのは学童です。申し込めば学校が終わった後、時間に制限はありますが、しばらく預かってもらえます。上級生や下級生も交じって宿題をしたり、一緒に遊んだりと異年齢の子ども同士の交流が持てて、さみしい気持ちになることなく、有意義な時間を持つ事が出来て良いですよね。本来ならば学校が終われば自分の家へ帰ります。しかし、それは親が子どもの帰宅までに家に居なければなりません。親が働きに出ていて、家に居なくて子どもがいわゆる鍵っ子で一人で留守番は心配です。だからこそ学童に頼る訳ですよね。そうでもしないと、生活が出来なくなっている家庭が増えてきているのでしょうか。

当社は、伸芽'Sクラブはお子様の個性・才能を引き出し、志望校に合わせたカリキュラムを作成し、託児所を通して育てます。 学びの土台が未来の可能性を拡げるためお子様へ贈り物をどうぞ。 学童には、東京(目黒・飯田橋・自由が丘・大崎・府中)にあり、千葉、神奈川では藤沢にあります。 一人ひとりに最適な学習課題で学習を進める個別学習指導はオプションで年少から年長のお子様が選択頂けます。 学童保育で学力の土台を作る!